押さえておきたい通勤服のポイント

通勤の際、オフィスカジュアルを求められることが多いですが、何を選んだらいいか中々難しいですよね。あまりにもカジュアル過ぎてしまうと、急な来客対応の時に困りますし、社会人としても問われてしまいます。まずは「きちんと感」を第一に考えると、選びやすくなります。そしてきちんと感のある通勤服を選んでも、シワが目立ってしまえば台無しになってしまいます。 通勤時に満員電車に乗ったり、座ったまま長時間仕事をしたり、実はシワになりやすいシチュエーションが沢山あります。そこで、シワになりにくい素材の通勤服を選ぶことも大切なポイントです。「ポリエステル」「ナイロン」「ウール」は糸が反発して元に戻ろうとする力が強く、シワになりにくい素材です。なので、通勤服を選ぶ際は、この3点が多く使われている服を選ぶのがいいでしょう。

「ポリエステル」「ナイロン」「ウール」のメリット

「ポリエステル」は合成繊維なので丈夫で、長期保管に優れ、プリーツ加工や染色がしやすい特徴があります。また、速乾性にも優れています。「ナイロン」はポリエルテルよりもさらに丈夫で耐久性に優れているので、型崩れしにくい素材です。オフィスシーンで使うシャツやブラウスにぴったりな素材です。「ウール」は天然繊維で、吸収性が高いので冬は暖かく、夏は涼しく着れ、多少シワになっても蒸気をあてると元に戻ります。この3つの素材が多く使われている服は、一日中着てもシワになりにくく、通勤服のきちんと感を損ないません。また、洗濯してもシワがほとんどできないので、アイロンをかける手間もかからず、お手入れが簡単なのもメリットの1つです。