露出度の高い服装はマナー違反

オフィスカジュアルの原則として、ビジネスの場にふさわしい服装であることが何よりも重要です。そのため、周囲に対して不快感を与えてしまうような露出度の高い服装は、マナー違反となります。特に、肌の露出が多い服装はNGです。例えば、極端に短いスカートは、オフィスではふさわしくありません。また、襟ぐりが大きく開いていたり、肩を露出させるようなオフショルダーなどはオフィスではNGの服装になります。では、どのような服装がオフィスカジュアルにふさわしいかというと、膝丈のスカートや胸元が見えないカットソーです。また、職場によってはノースリーブがOKなところもありますが、カーディガンを着用して肌の露出を控えるようにするのがビジネスにおけるマナーです。

スカートを履くときはストッキングを着用

オフィスカジュアルでやってはいけないことは、生足で職場に出てしまうことです。これはビジネスマナーがよくわかっていない新人がやってしまいがちなNG行為の一つであり、失敗談も少なくありません。服装が厳しい会社では、新人研修の際にスカートを履く際には必ずストッキングを着用することを厳しく指導します。オフィスカジュアルの原則は、あくまでも相手に対して不快感を与えるような服装はしないことです。そのため、比較的カジュアルな服装であっても、最低限のマナーであるストッキングを着用することを徹底する必要があります。スカートを履く場合は、必ずベージュのストッキングを履くようにすれば、習慣づけることができるようになるでしょう。